JFA WEB登録システム「KICKOFF」リニューアル延期に伴う資料修正について

新「KICKOFFシステム」の稼働延期に伴い、JFA登録便りが修正されました。
日本サッカー協会公式サイトにてご確認ください。

 

:yubiright:KICKOFFリニューアルに関する情報はこちら
※リンク先は日本サッカー協会公式サイトです。

 

JFA WEB登録システム「KICKOFF」リニューアル延期のお知らせ

2014年4月1日より稼働開始を予定しておりました、WEB登録システム「KICKOFF」について、
JFA IDによる統合ID機能、フットサルのチーム登録及び大会エントリー機能を除き、
「新KICKOFF」としての稼働開始が延期になる旨、日本サッカー協会(JFA)より連絡がありました。

新年度に向けてご準備いただいていた皆様方にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
また、今後、新たな情報が入りましたらお知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

詳しくは下記をご覧ください。

:yubiright:WEB登録システム「KICKOFF」リニューアル延期に伴うお詫びとお知らせ
※リンク先はJFA公式H.P.です。

:yubiright:(登録者向け)Jエントリープロジェクトお詫びとお知らせ
※リンク先はJFA公式H.P.です。

競技者の用具(装身具)の着用について

表題の件、1月30日付にて、日本サッカー協会より、「競技者の用具(装身具)の着用について」の通達がありました。各試合において、本通達を遵守するようお願い致します。

 

詳細はこちら

JFA登録システム 「KICK OFF」 リニューアルに関するお知らせ

JFA登録システム「KICK OFF」リニューアルに関するお知らせ

2014年4月1日より、JFAの登録システム(KICK OFF)がリニューアルされます。
これに伴い、2014年度以降のチーム・選手登録、指導者登録、審判登録、フットサル登録に変更があります。
詳しくは、JFA公式ホームページのKickoffリニューアル情報サイトをご覧ください。

Kickoffリニューアル情報サイト 1/10掲載

:yubiright:Jエントリープロジェクト操作研修会実施 11/1掲載

:yubiright:JエントリープロジェクトJFA IDの資格登録の説明 12/16掲載

:yubiright:Jエントリープロジェクトカテゴリー毎の機能紹介12/20掲載

:yubiright:Jエントリープロジェクト新KICKOFFの機能紹介1/22掲載
※上記リンク先は、JFA公式H.P.になります。

※参考資料

【JFA登録便り】
Vol.1 「KICK OFFがリニューアル」:zzzz04:11/1掲載
Vol.2 「資格情報の引き継ぎ・保有資格の紐づけ」:zzzz04:12/6掲載
Vol.3 「チーム・選手登録はこう変わる!!」:zzzz04:12/18掲載
Vol.4 「審判登録はこう変わる!!」:zzzz04:12/18掲載
Vol.5 「指導者登録はこう変わる!!」:zzzz04:12/18掲載
Vol.6 「新KICK OFFの機能紹介」:zzzz04:1/22掲載

【JFA news】
10月号抜粋 「KICK OFFがリニューアル」:zzzz04:11/1掲載
11月号抜粋 「新フットサル登録制度」:zzzz04:12/12掲載
11月号抜粋 「フットサル登録制度変更について」:zzzz04:12/12掲載
11月号抜粋 「JFA IDについて」:zzzz04:12/12掲載

落雷事故の防止対策の徹底について

夏季におきましては、予想もしない急な天候変化等が起きますので、関係者間で予め対応方法等をご確認いただくなど事故防止対策の徹底をお願いいたします。

・「サッカー活動中の落雷事故の防止対策についての指針」2006年4月11付JFA文書

・危機事象(落雷)発生時の試合運営に係る判断について(フローチャート)

JFA暴力根絶相談窓口設置のお知らせ

詳しくはこちらをご確認ください。
※リンク先はJFA公式ウェブサイトになります。

県内医療機関・スポーツドクターの関連情報を掲載

県内医療機関・スポーツドクターの関連情報をご案内します。

大会や練習の際は、緊急対応が可能な病院について予めご確認下さい。
また、その他お困りの際にご参考いただければ幸いです。

◆埼玉県医療機能提供システム(埼玉県HPhttp://www.iryo-kensaku.jp/saitama/

埼玉県では、医療機関や薬局から報告された医療又は薬局の施設やサービスに関する情報を県民のみなさまに分かりやすい形で提供しています。

◆休日・夜間の急病などのときの医療機関(埼玉県HPhttp://www.pref.saitama.lg.jp/site/20091228iryou/

それぞれのホームページとリンクしていますので、診療時間や診療内容などを確認したうえで、受診してください。

こんな時は:sayonara:
「救急車を呼ぶほどではないが、緊急に受診が必要なとき」
「休日、祝日、夜間などに、どこの医療機関で診てもらえばよいか分からないとき」

下記の電話番号にて受診が可能な医療機関のご案内を行っています。
救急医療情報センター  048-824-4199

※歯科、口腔外科及び精神科の案内はしておりません。医療相談のお答えはできません。


◆スポーツドクター検索
(日本体育協会HPhttp://www.japan-sports.or.jp/medicine/DoctorSearch/tabid/75/Default.aspx

スポーツをする方の健康管理やスポーツによるケガの治療等にあたる「スポーツドクター」を、都道府県やスポーツ種目、診療科目で探すことが出来ます。

熱中症にご注意!!

熱中症にご注意!!

いつ運動するかはある程度自分の都合で決められますが試合ともなるとそうとも言っていられません。
自分で調整がきかないコンディショニングを左右する要素が天候です。
天候は思い通りにはいきません。暑さ寒さが厳しいときに運動する際には、特別 な注意を怠ってはならないのはいうまでもありません。
サッカーはどんな季節でも行なわれますので、その季節にあわせたコンディショニングが必要であり、
暑さに対する対処法をきちんと知らなければいけません。
かなりの暑さでコンディションを崩すと、ケイレン、水分欠乏や失神を起こし悪くすれば死んでしまうこともあります。
逆にひどい寒さの場合も、凍傷や体温低下を引き起こします。

これらの問題は、選手が自分で防がなければなりません。
しかし、選手個人ではどうにもできないことも多く、指導者がこういった知識をきちんともつ必要があり、
また指導者が選手を守るためにできることもたくさんあります。
身体の危険性が高くなるにつれて、一定の順番で警告信号が身体にあらわれます。
選手本人、指導者はこういった警告信号を見落とさないようにして不幸な事故を防ぐ必要があります。

特に熱中症などでは指導者側も責任を問われて、裁判になる事例も多くなってきています。
正確なきちんとした知識は不可欠です。

続きはこちら :yubiright: 予防策・対処方法等について (SFA医事委員会)

【関連リンク】※別サイトになります。
・(公財)日本体育協会 「熱中症を防ごう」
・環境省 「熱中症情報」
・厚生労働省 「熱中症関連情報」
・気象庁 「熱中症に注意」

埼玉県サッカー協会東松山サッカー場 閉鎖のお知らせ

平素は(公財)埼玉県サッカー協会の事業推進に格別のご理解を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当協会では2003年6月より、(株)リコー及びリコー東松山研修センターのご協力のもと、埼玉県サッカーの発展を目指し、指導者・審判員の育成、選手強化・育成などを主たる目的として埼玉県サッカー協会東松山サッカー場(通称:SFAグラウンド)の管理・運営を行ってまいりました。しかし、リコー東松山研修センター閉鎖に伴い、この3月末日を以て土地使用契約も終了となりました。

当サッカー場におきましても、来る平成25年3月末日に閉鎖することとなりました。皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年3月25日

公益財団法人埼玉県サッカー協会 施設委員会

海外遠征承認申請料の変更について

2013年4月1日申請分より
6,000円(日本協会申請料5,250円、埼玉県協会申請料750円)に変更となります。

詳しくはこちら

« 過去の記事
最新の記事 »
 
2018/04/25[10:29:53]